netkeiba.com

オジュウチョウサンのJ・GI4連勝達成に沸いた坂東牧場

日高報知新聞社

2017年12月26日(火) 17:59

J・GI4連勝を喜ぶ坂東牧場の関係者(写真提供:日高報知新聞社)

 23日の中央競馬伝統の障害レース「第140回中山大障害」で優勝したオジュウチョウサンの生産者・坂東牧場は、J・GI4連勝達成に沸いた。

 坂東牧場は、平取町川向で昭和25年に創業。同47年6月に法人化し本場事務所を日高町福満に移転。現社長は3代目の坂東正積(まさかず)さん(42)。生産・育成・調教を手掛け、現在預託、繁殖を含め270頭ほどをけい養し従業員数は約100人。

 レースは2番人気のアップトゥデイトを1番人気のオジュウチョウサンが終始追う展開。大逃げを打つ2年前の優勝馬アップトゥデイトの勝利かと思われたが、オジュウチョウサンがゴール直前でとらえ半馬身差で優勝した。

 この日正積社長は中山競馬場で愛馬を応援。留守宅で職員らと事務所のテレビでレースを見届けた社長の父で顧問の坂東勝彦さん(69)は「よく頑張った。来年も記録を伸ばしてくれることを期待している」と喜びを噛み締めた。

 レース直後には牧場関係者らが次々と駆け付けて「おめでとう」と祝福。事務所内は祝賀ムードに包まれた。

 祝福に訪れた川上満平取町長は「4連勝達成はまことにうれしいかぎり。これでパワーをもらって年を越せる」と快進撃を続けるオジュウチョウサンにエールを送った。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す