netkeiba.com

坂井瑠星、豪州武者修行の成果見せる

2018年01月25日(木) 06:00

 豪州修行から一時帰国している坂井瑠星

 昨年11月から研修のためオーストラリアに遠征している坂井瑠星騎手(20)=栗東・矢作=が、騎手免許更新と、23日に高知競馬場で行われた「全日本新人王争覇戦」に騎乗するため一時帰国している。24日は自厩舎の馬など5頭の調教にまたがり、汗を流していた。

 武者修行に出て2カ月。言葉の壁にぶつかり、調教中には馬が転倒して膝をケガするアクシデントにも見舞われたが「日本とは違う環境で全て一人でやらなければいけない。精神的に強くなったと思います」とうなずく。豪州の競馬も非常にタイト。「ペースが遅くて馬群が密集する。厳しいですね。そういう競馬を経験したことも今後に生かしたい」と目を輝かす。

 23日の「全日本新人王争覇戦」では優勝は逃したものの、第1戦を制して総合3位。早速、研修の成果を示した。余勢を駆り、今週末は中京競馬に参戦。「力さえ出せれば」とVを意識する土曜12Rリライアブルエースを筆頭に、楽しみな馬が集まった。

 レース翌日の29日には再び豪州へ旅立つ。5月頃の帰国を予定しているが、当地ではまだ勝ち星を挙げていない。それでも、ホーム・日本での勝利を力に変えられれば、待望の瞬間はそう遠くはないはずだ。(デイリースポーツ・松浦孝司)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す