netkeiba.com

アンティオールが劇的復活 連勝記録を“12”に伸ばす

2018年02月12日(月) 11:30

 10日(土曜日)に英国のニューバリー競馬場で行われたG2ゲイムスピリットチェイス(芝16F92y)で、アンティオール(セン8、父ハイチャパラル)が今季初登場。1.33倍という1本被りの1番人気に応えて4馬身差の快勝を演じ、劇的な復活を果たすとともに、15年10月に障害入りして以降継続している連勝記録を“12”に伸ばした。

 ハードルを跳んだ15/16年シーズンは5戦し、G1シュプリームノーヴィスハードル(芝16F87y)を含む5勝。スティープルチェイスに転身した16/17年シーズンは6戦し、G1アークルチャレンジトロフィー(芝15F199y)を含む6勝を挙げたアンティオール。ところが、今季へ向けての調教が本格化した昨年11月に喉鳴りの症状が出始め、手術を受けていた。

 一時は、今季中の復帰は難しいと言われたが、今年に入って調教のピッチが上がり、10日のレースで9カ月半ぶりに戦線に復帰。道中2番手から、最終障害飛越後に、昨年12月のG1ティングルクリークチェイス(芝15F119y)を含む重賞4勝馬ポリトローグ(セン7、父ポリグロート)を交わして優勝を飾った。

 次走は、スティープルチェイス2マイル路線の最高峰とされる、チェルトナムフェスティヴァルのG1クイーンマザーチャンピオンチェイス(15F199y)の予定で、ブックメーカー各社は同馬をオッズ1.66〜1.72倍の圧倒的1番人気に支持している。

(文:合田直弘)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す